阪神淡路大震災から28年。いつ次の大きな地震がくるか・・・

 28年前の今日、朝5時46分、阪神淡路大震災が起こりました。私の最初の選挙の年です。長い年月が経って、今は神戸に行っても、震災の跡を感じる場所はあまりなくなりました。
 今は、災害が起これば、瞬時と言っていいくらい、すぐに日本中にその情報が伝わります。しかし、あの当時は、8時過ぎで「神戸で地震があったらしい」との報道が流れ、昼近くになって「神戸がたいへんなことになっている」とテレビで報じられて、大災害が起きたことを知りました。隔世の感があります。
 関東大震災から100年、いつ関東で大地震が起きてもおかしくない、と言われています。いざ起きたとき、慌てないよう、心の備えだけは、しっかりしておかなくてはなりません。

よこすか野菜1.jpg
 昨年4月から、旬のよこすか野菜の魅力を知ってもらうため、生産者が直売する「よこすか野菜市 in 市役所」が毎月第3火曜日に開かれています。

よこすか野菜2.jpg

この記事へのコメント

やまもと
2023年01月17日 22:06
災害対策には、自分自身や 家族で備える「自助(一人一 人の役割)」、地域で助け合う 「共助(地域の役割)」、行政 が行う「公助(行政の役割)」 の3つがあります。

津波災害対策において、横須賀市は圧倒的に公助が足りないと感じています。

過去ログ