昨年、救急出動は 28,044 件で、前年よりも 3,097件の増

 横須賀・三浦における昨年の消防活動の速報値が発表されました。火災の件数は前年並みですが、救急隊の出動がたいへん増えています。
 火災は97件で、昨年と比べて4件増加しました。建物火災のうち、住宅から発生した火災は44件で、ほぼ前年並みです。本市の件数は82件で以前と比較すれば減っているといえます。火災原因の第1位は放火(疑い含む)で28件、2位は電気関係で19件、3位はコンロで8件でした。
 救急出動は28,044 件で、昨年と比べて 3,097件も増えています。このうち、本市は 25,038 件 で、2,812 件の増となっています。すべての救急車が出動してしまっている状態のときもあり、救急車の適切な使用が望まれます。
 また、本市の消防団からの災害出動は71回あり、出動人員は 862人でした。仕事をしながらの消防活動であり、ありがたいことです。

白いセンリョウ.JPG
 白いセンリョウも実を付けています。

この記事へのコメント

やまもと
2023年01月17日 04:45
>救急車の適切な使用が望まれます。

原因はそこじゃないでしよ
不適切な使用が昨年いきなり増えたとは思えません

過去ログ